コンプレックスに感じる人も多い歯の欠け

何らかの事故で歯を無くしたり、虫歯や歯周病が悪化して抜歯を選択せざるを得ないこともあり、それによって歯を失ってコンプレックスとなる人も多いです。永久歯が抜けてしまうとその箇所に二度と歯が再生されることはありません。そのため、歯がないことを人に見られたくないことから口元を隠してしまうことになるはずです。インプラント治療なら人工歯を埋め込むので、失った歯を取り戻すことができる最先端の治療なため、近年多くの人から人気が高まっています。

インプラント治療を受けることのメリットとは?5位まで紹介します!

歯医者
no.1

人工歯でも自然に見える

その人の今ある歯の色や形などを細かく診てから人工歯を製作していくため、リアルな歯の仕上がりになります。人工歯が完成するまで少し時間がかかるとともに金額が高いという特徴がありますが、確実に今ある歯と何ら変わりない見た目の人工歯を作ってくれるので、埋め込んだとしても違和感がなく口元を開けても他人に気付かれてしまうこともありません。

no.2

食事も安心して楽しめる

インプラント治療では歯茎にインプラントをしっかり固定して、それから人工歯を埋め込んでいきます。強く定着するため人工歯がぐらついてしまうこともなく、日常生活の食事も普通に行なうことができます。また強度もあるため硬いものを食べても人工歯が欠けてしまう心配もありません。これなら毎日食事を楽しく過ごせるようになるでしょう。

no.3

簡単なメンテナンスで持続可能

人工歯といっても普通の歯と一緒の手入れをするだけでメンテナンス可能となっています。これなら毎日手間をかけず手入れをすることができるでしょう。ただ、インプラント手術をした後は、きちんと定着しているかを経過観察するため、しばらくは定期的に歯医者へ通う必要があるので理解しておいてください。来院頻度は数か月に一回ほどだといわれています。

no.4

周りの歯に一切影響を与えないから安心

これは部分治療にのみ当てはまるものですが、部分的なインプラント治療の場合は周りの歯に全く悪影響を与えないため、安心してインプラント治療をすることができます。インプラント治療は年々進化をしており、歯に負担をかけないような治療法が行われています。大がかりな治療工程ですが、歯に負担をかけないならあまり抵抗なく治療を受けられるでしょう。

no.5

顎の骨が衰えてしまうことはない

歯がない状態だと少しずつ機能が低下していき、顎の骨の力を低下させてしまいます。しかし人工歯を取り付けることによって顎の骨の衰えをなくし、むしろ骨を骨に力を加えることができるようになります。歯を失った状態が長い期間続くと欠けた歯の部分だけでなく、周りの歯にも影響をきたしてしまう恐れがあるため、歯がなくなったら早めに治療を行なうことが大切です。

インプラント治療はコンプレックス解消になる!悩みをなくそう

インプラント

簡単な処置としては入れ歯やブリッジがある

歯医者ではインプラント治療を行なわなくても、入れ歯やブリッジなどの方法で歯の代わりを作ることはできます。しかしそれらは一時的なものであって、隙間があることには変わりません。また入れ歯などは入れ外しを毎日行わないといけないので手間となります。それよりもインプラント治療をした方が手入れも簡単で自然な歯に見えるためメリットが多いです。

歯型

インプラント治療を完了するまでには時間がかかる

診察から検査、一次手術と二次手術と治療工程がいくつもあるため、インプラント治療を完了するまでに半年や一年ほどの期間を必要とします。人によって治療が完了するまでの時間は異なるので、まずは医師と相談をしながら治療を進めていくことをオススメします。また、時間とともに高額な費用がかかることも忘れないでおきましょう。予め見積もりを出しておくと事前に細かな金額を知ることができます。

治療器具

基本的に治療は自由診療であることを理解しよう

インプラント治療は高額な治療費がかかる理由として、「自由診療」だからという理由が挙げられます。保険適用外となっているため、全額自己負担となることから金額が高くなっているのです。数十万かかるとされるインプラント治療ですが、歯医者によっては安い価格でインプラント治療を受けられるところもあります。まずは歯医者探しをするために情報収集をしましょう。

[PR]
歯周病で抜けた歯を取り戻しましょう。埼玉県のインプラント歯科ではどんな状態の歯でも綺麗に仕上げるので、笑顔の印象が美しくなりますね。

治療を受ける上でのステップを見てみよう

インプラント

初診と相談

歯医者でインプラント治療を受けたいと考えているなら、まずは歯医者へ行って初診を受ける必要があります。医師と直接話をすることができるので、その時にインプラント治療の基本を説明してもらいましょう。インプラント治療といっても治療法はいくつもあるので、相談しながら最適な治療を見つけてください。

歯の治療後、一次手術の開始

虫歯や歯周病、その他の歯の病気があるとインプラント治療を受けることはできません。インプラント治療を開始する前にまずは虫歯治療などをして正常な歯にしておきましょう。その後は血液検査などをしてからインプラントを歯茎に埋め込むインプラント手術を行ないます。これを一次手術といいます。

安静後、定着したら仮の歯を入れる

インプラントの埋め込む一次手術が完了した後は、インプラントが定着するまで安静期間を設ける必要があります。数週間経過してから次の段階に移りますが、人によっては定着の仕方が異なるため、長くなることもあるので相談をしながら進めていきましょう。その後は人工歯が完成するまで仮の歯を入れて固定をしていきます。

人工歯を取り付ける二次手術

仮の歯の付け心地や噛みやすさなどを細かくチェックしながら、最終的に取り付ける人工歯を製作していきます。また人工歯は元からある歯の色に合わせて作られています。手術をして人工歯を埋め込んでも、その歯だけ目立つことはなく他の歯と同じような存在になります。二次手術を完了したら、また同じように安静期間を設けていきます。

定期メンテナンスを忘れず行なうこと

インプラント治療を完了したからといって毎日のケアを怠ってはいけません。毎日適切な歯磨きをするとともに、定期的に歯医者へ訪れてメンテナンスを受けるようにしましょう。そうすれば長くインプラントを維持することができます。もし歯に違和感があればすぐに歯医者へ行って治療をしたところを診てもらう必要があります。

[PR]

内藤歯科

インプラントなら新宿で優良になっているところを選びたいと感じるでしょう。それならこちらを参考にしてみるといいです。

広告募集中