厄介な歯周病は早期治療が大切!手遅れにならないうちに対処

歯周病は放っておくと危険【初期症状に気付いたらすぐに治療】

厄介な歯周病は早期治療が大切!手遅れにならないうちに対処

院内

虫歯よりも悪化が酷い歯周病

歯の病気として代表的な虫歯ですが、虫歯を放置すると歯が酸によって溶けてしまいます。ですが、歯周病の場合は歯に関係する組織が全て壊されるため、最終的には歯茎がボロボロになるとともに歯もなくなってしまうのです。そうならないためには、早めに歯周病を赤坂の歯科で治療する必要があるのです。

治療器具

どんな初期症状が起こるのか

何気ない生活の中で歯周病の初期症状が出ているかもしれません。気づいたときに口の中がネバついている、歯肉が腫れている、出血が増えてきたなどの症状が多い方は歯周病の可能性が高いため、その時は赤坂の歯科で定期健診を受けに行くことをオススメします。

歯型

基本治療や外科治療を行なう

歯周病の進行度合いによっても変わりますが、歯周病治療をする際には基本となる治療の他に外科治療を行なっていきます。基本治療に関しては進行度合いが異なってても全員同じ治療をしていくもので、歯垢除去や歯の噛み合わせを調節していきます。基本治療で改善できない場合は外科治療をします。

歯周病と歯槽膿漏の違いって何?比較をしてみよう

歯周病

歯垢の中に何らかの原因で細菌が発生することによって、歯周病の症状が出てしまいます。放っておくと、細菌が増殖して歯だけでなく歯の周りにある骨全体を溶かしてしまうという病気です。最終的に歯は抜けてしまうでしょう。

歯槽膿漏

一般的に歯周病とあまり変わりはないとされていますが、歯周病が重度になることを歯槽膿漏であるといわれています。進行すると歯周病も歯槽膿漏は同じような症状になるため、ほとんどの人は二つをまとめて歯周病と呼ぶことが多いです。歯科によって歯槽膿漏や歯周病どちらかの病名で診断されることがあります。

広告募集中